2011年 05月 05日

古代ロマン山の辺ポタ12--神蘺ひもろぎと景行天皇陵 20110421 


4月21日撮

相撲神社から少し下り、見逃しやすい看板だが右に入り景行天皇陵へ向う途中に
「神蘺ひもろぎ」がある。

神蘺とは神を招くための巨木の周囲に玉垣をめぐらして注連縄で囲った場所のことで
崇神天皇のころ、この場所で神霊を迎えたといわれている。

a0050572_9323920.jpg
a0050572_9325089.jpg
a0050572_9325830.jpg
a0050572_933683.jpg


ここを通り抜けると景行天皇陵と伝えられる渋谷向山古墳
a0050572_9335819.jpg
a0050572_934647.jpg
a0050572_9341425.jpg

古事記や日本書紀に記される第12代天皇、日本武尊(やまとたけるのみこと)の父
と言われているが、実在性には疑問が出されているそうだ。

by jose32 | 2011-05-05 09:34 | 山の辺の道ポタリング | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jose32.exblog.jp/tb/12521629
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 古代ロマン山の辺ポタ13--黒...      古代ロマン山の辺ポタ11--穴... >>