2011年 05月 05日

古代ロマン山之辺ポタ14-崇神天皇御陵と櫛山古墳- 20110421


4月21日撮

第10代崇神(すじん)天皇を埋葬した崇神天皇陵とされているが、
実際の被葬者はわからないので「行燈山古墳」と呼ばれている。
「ハツクニシラススメラミコト」と呼ばれた神武・崇神や景行・ヤマトタケル
の時代になると、ミステリーロマンだ。
a0050572_9414918.jpg
a0050572_942025.jpg
a0050572_9421132.jpg
a0050572_9422473.jpg

大きな古墳があるのだから、古代の誰かの墓に間違いはないのだが?。
現在の所、崇神からが天皇家一代という見方が多いようだ。

又天皇の地位を明確に周知させ、四道の統治を目的に四道将軍として
孝元天皇皇子の大彦命(おおびこのみこと)を北陸道、
その子の武淳川別命(たけぬなかわけのみこと)を東海道、
開化天皇の孫丹波道主命(たんばのみちぬしのみこと)を丹波道、
孝霊天皇の皇子吉備津彦命(きびつひこのみこと)を西海道(山陽道)に
使わしたといわれるのも、この頃である。



櫛山古墳
古墳時代前期 の4世紀後半に築造された双方中円墳と呼ばれる珍しい形の古墳
同型は岡山・香川にもあるそうだ。埋葬者不明。
a0050572_9425167.jpg
a0050572_9425996.jpg


by jose32 | 2011-05-05 09:43 | 山の辺の道ポタリング | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jose32.exblog.jp/tb/12521656
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 古代ロマン山之辺ポタ15--長...      古代ロマン山の辺ポタ13--黒... >>