2010年 02月 28日 ( 3 )


2010年 02月 28日

北京 レストラン桂公府  20100220--3--

20日撮

トーマス、走る
a0050572_16163914.jpg


a0050572_16164951.jpg
a0050572_1617088.jpg
a0050572_16171432.jpg
a0050572_16172911.jpg
a0050572_16173992.jpg
a0050572_16174991.jpg


by jose32 | 2010-02-28 16:15 | 北京20100203-21
2010年 02月 28日

北京 レストラン桂公府 料理 20100220--2--

20日撮

料理

a0050572_16125271.jpg
a0050572_1613214.jpg
a0050572_16131396.jpg
a0050572_16132510.jpg
a0050572_16133971.jpg
a0050572_16135141.jpg
a0050572_1614311.jpg
a0050572_16142258.jpg


by jose32 | 2010-02-28 16:11 | 北京20100203-21
2010年 02月 28日

北京 レストラン桂公府 20100220--1--

20日撮

昼食はレストラン桂公府

ここは芳嘉園胡同の中にあるデカイ四合院で西太后が宮中入りの前に暮らしたことで有名、
その後は西太后の弟、承恩公桂祥が住んだそうだ

以前行った時には中庭に所狭しと小鳥の籠をぶら下げてあったが、冬はナシ。

茶葉料理が特徴だがどの料理を頂いても、特に日本人には美味しい。
コースだと一人7000円から10000円ぐらい、
同じ料理をとっても仕方がないので16品目をオーダー。
魚などは時価プライスだ。

北京ブランドのビールにしたが、アルコール度数がなんと12度だと途中できずいた。
ボーイさんが付かず離れずなのでグラスの量が減ると注いでくれる、
ドンドン飲むうちにきずくことになる。

中国とは思えないぐらいボーイの応対態度、サービスは最高

部屋もほとんどが個室で、20人用、10人用、4人用などがあり
帰りにすべての部屋を案内してもらった。

a0050572_1691093.jpg
a0050572_1691852.jpg
a0050572_1692719.jpg
a0050572_1693920.jpg
a0050572_1694811.jpg
a0050572_1610095.jpg
a0050572_16101859.jpg



この盆栽、ホンモノ・ニセモノ!?
a0050572_16102871.jpg


by jose32 | 2010-02-28 15:42 | 北京20100203-21