2007年 04月 08日

大理---人 3 --+20070408

a0050572_1555185.jpg
a0050572_15554258.jpg
a0050572_1556113.jpg
a0050572_1556204.jpg
a0050572_15564628.jpg
a0050572_1557620.jpg
a0050572_15572396.jpg

a0050572_15595434.jpg

a0050572_1558766.jpg
a0050572_15582322.jpg


# by jose32 | 2007-04-08 20:05 | 北京雲南20070328-0413人 | Trackback | Comments(0)
2007年 04月 07日

玉龍雪山ゴルフ倶楽部・麗江--20070407--

12時間をかけ再び麗江に戻り、今日は午前中玉龍雪山ゴルフ倶楽部でゴルフ、午後は大理へ向かう。3時間弱のバスの旅。

ここ玉龍雪山ゴルフ倶楽部は世界で最も高所、海抜3100mのゴルフ場なのだ。名前の通り玉龍雪山を見せたレイアウトで全長8548フィートの長さのコース。

a0050572_9573361.jpg
a0050572_9575478.jpg


世界で最も高いティーグランド、16番。
a0050572_95917.jpg

a0050572_9594495.jpg


a0050572_1004781.jpg

a0050572_1013120.jpg


太陽が隠れるとコートが要る寒さ。もちろん酸素ボンベは用意されている。
撮影で無意識に息を止めていた時やラフに打ち込みボールを捜しに小走りをした時には
短い深呼吸を4~5回。34~3500mのシャングリラから来たこともあり、これで平常に戻れる。ボンベは使わず。
a0050572_1031352.jpg
a0050572_1033212.jpg


# by jose32 | 2007-04-07 23:45 | 北京雲南20070328-1-0413街 | Trackback | Comments(4)
2007年 04月 07日

大理到着20070407

8時ホテル出発、8時半スタート、13時ゴルフ終了。ホテルに戻って14時には大理行きのバスに乗っていた。3時間弱でバスターミナルより手前のペー族が住む大理古城に到着。例によってタクシーやチャーター車勧誘の争奪戦に否応無く入り込む。ここでの選択は以外と重要だ。良ければ滞在中ズーットお願いすることになる。大理のホテルは大理古城のド真ん中。四合院スタイルで中庭には花や植木が一杯。先ずはホテルオススメの食堂へ。この後夜の大理古城をブラブラ。

a0050572_15195247.jpg

a0050572_15222496.jpg


食堂は中に入ると四合院風の中庭の中央でオーナーらしき名物おばさんが声を張り上げ、指示をだす。
a0050572_15295160.jpg
a0050572_15302390.jpg
a0050572_15304459.jpg
a0050572_1531420.jpg
a0050572_15312766.jpg
a0050572_15314423.jpg


# by jose32 | 2007-04-07 22:31 | 北京雲南20070328-1-0413街 | Trackback | Comments(2)
2007年 04月 07日

夜の大理古城20070407

夜の大理古城をブラブラ。この旅はすべて手持ちなのでブレフォトも多い。

a0050572_15382548.jpg
a0050572_1538495.jpg

中国版ATM
a0050572_1542281.jpg
a0050572_15422981.jpg
a0050572_1543297.jpg
a0050572_15434557.jpg
a0050572_15441852.jpg
a0050572_15444552.jpg
a0050572_1545216.jpg
a0050572_15452834.jpg
a0050572_15454522.jpg


# by jose32 | 2007-04-07 20:36 | 北京雲南20070328-1-0413街 | Trackback | Comments(0)
2007年 04月 06日

シャングリラから麗江へ20070406

6日、シャングリラから麗江へ戻るのだが幹線道路を使わず山中の道。バス道だと4時間半だがこの道だと6時間半、昨日と同じ車をチャーター。観光地など寄り道をして、落石だらけで賞味1時間は前を見ず、山の上を見るという運転で、12時間をかけ、麗江に到着。
この道筋には有名観光地である白水台と虎跳峡がある。

道は動物優先
a0050572_1172528.jpg

a0050572_1175166.jpg

a0050572_1181992.jpg

イー族の村に立ち寄るが村人は畑仕事でほとんどいない。
a0050572_119519.jpg
a0050572_1192991.jpg
a0050572_1195135.jpg
a0050572_11101452.jpg
a0050572_11103943.jpg
a0050572_11111694.jpg
a0050572_11113875.jpg
a0050572_1112273.jpg
a0050572_11122454.jpg


# by jose32 | 2007-04-06 23:54 | 北京雲南20070328-1-0413街 | Trackback | Comments(0)
2007年 04月 06日

シャングリラから麗江への山中20070406

a0050572_11161593.jpg
a0050572_11163720.jpg
a0050572_1117856.jpg
a0050572_11173189.jpg


# by jose32 | 2007-04-06 23:00 | 北京雲南20070328-1-0413街 | Trackback | Comments(0)
2007年 04月 06日

シャングリラから麗江へ--白水台--20070406

白水台、ここはナシ族トンパ教の聖地で湧き水に含まれる炭酸カルシウムが化学反応で土に付着し棚田状態の台地、である。

a0050572_11255781.jpg
a0050572_11262129.jpg
a0050572_11273257.jpg
a0050572_1128173.jpg
a0050572_1129293.jpg

ここから湧き水が・・。
a0050572_11301787.jpg


広場ではナシ族の女性がフォトのモデルと歌を聞かせてくれる
a0050572_1132472.jpg
a0050572_11331945.jpg
a0050572_11334247.jpg
a0050572_11343154.jpg

行き帰りは棚田
a0050572_11355829.jpg

a0050572_11364754.jpg



a0050572_11371284.jpg
a0050572_11373744.jpg


# by jose32 | 2007-04-06 22:50 | 北京雲南20070328-1-0413街 | Trackback | Comments(0)
2007年 04月 06日

シャングリラから麗江へ--山中ドライブ棚田--20070406

すごい棚田。中国ではこんなもんで驚いてはいけないらしい。
a0050572_1144843.jpg

a0050572_1145489.jpg
a0050572_11453551.jpg
a0050572_11455840.jpg
a0050572_11462458.jpg
a0050572_11465292.jpg
a0050572_11472486.jpg
a0050572_11475534.jpg
a0050572_11482714.jpg

さすがにここで停車した時には10秒以内、と一言返ってきた。横を石がコロコロ。
a0050572_11503425.jpg


# by jose32 | 2007-04-06 22:20 | 北京雲南20070328-1-0413街 | Trackback | Comments(2)
2007年 04月 06日

シャングリラから麗江へ--虎跳峡--20070406

虎跳峡という高低差3000mという大峡谷。
ここは中虎跳峡。
a0050572_11592810.jpg
a0050572_11594917.jpg
a0050572_1201570.jpg
a0050572_121263.jpg

ここは上虎跳峡。この時期は水量が少なく迫力不足。足に自信のない人もカゴでok。
a0050572_1231783.jpg
a0050572_1234725.jpg
a0050572_1241121.jpg

この写真じゃ、まったく判らないが雨の長江、360度カーブ地点。
a0050572_1274485.jpg


# by jose32 | 2007-04-06 21:56 | 北京雲南20070328-1-0413街 | Trackback | Comments(0)
2007年 04月 06日

麗江到着、4泊目20070406

4泊目の麗江。今回は麗江古城入口のホテル。西洋人中心のシティーホテルだ。
何故又麗江に戻ったかというと世界で最も高所にあるゴルフコースが玉龍雪山の麓にあるのだ。

a0050572_12143436.jpg
a0050572_12145529.jpg
a0050572_12152520.jpg
a0050572_12155055.jpg
a0050572_12161281.jpg


# by jose32 | 2007-04-06 20:09 | 北京雲南20070328-1-0413街 | Trackback | Comments(0)